服 買取 宅配

ブランド古着の買取とおすすめ

menu

フェンディ(FENDI)買取のクチコミ評判

フェンディ(FENDI)はイタリア・ローマのブランドで、創業は1925年です。当初はレザー製品を中心に取り扱ったお店でしたが、流行していた毛皮のコートを作って発表して注目を浴び、世界中に名前を響かせるようになりました。

創業後は、デザイナーのアドーレ・フェンディの娘たちが仕事を受け継いでいき、ブランドを長く存続させることができたのです。1965年になると、27歳という若さの新鋭デザイナーを雇うことで、新しいデザインを取り入れて浸透させることに成功します。ここから、服飾にも力を入れ始め、エナメル加工や縫製のこだわりなどをみせるようになりました。
現在でも毛皮の製品には多くの脚光を浴びており、新しいものをどんどん選出しています。また、香水などのジャンルにも参入していき、世界に名だたるブランドとして知られるようになっています。

中古市場で需要が高い

ファー製品からレザーもの、サングラス、宝飾品と、アパレル関連を全般的に扱っているフェンディ(FENDI)。

このような多様な展開は新商品の市場だけでなく、中古市場でも多くのニーズがあります。

買取業者の間でも、フェンディ商品を得意分野にして取引しているところもありますので、手元に売ってもいいと思っているフェンディ製品があれば、早めに査定に出してみるのがいいでしょう。

とはいっても、どれを売ればいいのかわからない、高く売るためのコツはあるの、といった疑問も当然わいてくるでしょう。

ここでは、フェンディ製品を高額査定にもっていくためのポイント、事前にチェックしておきたい点などを紹介していきます。

売れ筋の商品

高額買取の基本は売れ筋の商品を査定に出すことでしょう。

フェンディの製品なら人気があるので、どれを持ち込んでもハズレはないかもしれませんが、高額となると話は別です。

人気のアイテムの一つには、ファーアイテムが挙げられます。ミンクファー、フォックスファーは特に人気のアイテムで、手入れが大変ということはありますが、ダメージが少なければ高額買取が狙えそうです。

他にも、特定のアイテムを挙げると、キャナイ・シルバーラミネートレザーミニバッグは、中古市場でも人気があり、そのコンパクトなデザインに多くの女性が引きつけられています。外面的な愛くるしさと同時に、マチ幅が広く、中がパーティションに仕切られているので、機能性も優れたバッグですので、高い需要があり、高額買取も期待できそうです。

またサングラスは夏冬問わず一定の人気があるアイテムです。そのスクエアシェプはフェンディ独特のものとなっており、フェンディファンを魅了することに成功しているようです。

こういった人気アイテムは特に中古市場でもニーズが高く、高額買取につながるケースが多くなっているようです。

査定価格の相場

多種多様に展開しているフェンディですが、中古市場ではどのアイテムも概ねの買取価格は固定してきます。

査定に依頼する前に自分のアイテムの相場をチェックしておけば、交渉も有利に進められるかもしれません。

・メンズハンドバッグ ピーカブーフィット ブラックレザー:38万円
・メッセンジャーバッグ ブラックスムースレザー:29万円
・ドキュメントホルダー グリーンレザーバッグ:22万円
・クラッチバッグ グレーレザー:10万円
・フラットサンダル レッド&ブルーファブリック:6万円
・スニーカー  バーカンディレザー:6万円

もちろん中古市場は常に変動していますので、参考価格はあくまでひとつのサンプルとして念頭においておきましょう。

買い取りの際の注意点

買取NGのもの

いくらフェンディという人気ブランドといえども、状態によっては買取NGもあります。

・汗シミのめだつもの(脇、袖、股下など)
・虫食い
・色褪せ
・着用した下着
・ブランドタグがないもの
・破れが大きいもの
・臭いが付着したもの(汗、体臭、香水など)

こういった状態のものは買取査定も行われず、引き取りになるだけですので、はじめから上のような条件にあてはまるものは、手元にとどめておくのがいいでしょう。

査定に出す前に撮影しておく

これは特に宅配買取の時にあてはまりますが、運搬時に、または開封時に傷がついてしまうことは常にあり得ます。

何も証拠がなければ、どの時点で傷がついたのかわからずに、こちらの責任にされてしまう場合も考えられます。

そのようなトラブルを回避するためには、梱包する前に撮影しておくのがいいでしょう。その時には、前面・背面・左右側面・上側・床側など、複数個所から撮影しておくことが大事です。

ファー製品の手入れ

日本でも上陸当初は流行したフェンディのファーアイテム。特にミンクファーやファックスファーは多くのファッションファンの注目を集めました。このファーを買取に出す際には、少し注意が必要です。

というのは、リアルファーは水洗いできませんので、日頃からしっかり手入れをしておく必要があるからです。

使用した時は、襟や袖など汚れやすい箇所は乾いたガーゼを用いて毛並みにそって拭きましょう。雨・雪で濡れた場合には、タオルで優しく水分を除き、日陰干しします。

バッグ(ピーカブー)の型崩れ防止

フェンディのバッグにおいて、代名詞の一つともなっているピーカブーバッグ。大きく開くバッグの上部が特徴ですが、どうしても型崩れしがちなのも事実です。

防止には新聞紙を詰め込むという方法、または使用していないTシャツ・タオルを詰め込むという方法が効果的です。新聞紙では、湿気のある場合には、インクが滲み出てしまうことも考えられますので、心配な人はTシャツなどを詰め込むのがいいかもしれません。

高額・高価買い取りのためのポイント

回転率重視の業者

買取業者の利益の求め方には、大きく分けて二つのパターンがあります。
回転率重視の業者と利益率重視の業者です。

回転率重視をする業者は、フランチャイズ展開をしている業者が多くなっています。多くの販路を持ちますので、常に在庫補充をしなければならず、そのため多少高額でも買取する傾向にあります。

対して、利益率重視の場合には買取価格を重視していて、売り手にとっては厳しい価格交渉になるようです。

根強い人気アイテムを出す

新商品の中には、一時期の流行だけで人気がしぼんでしまい、長く需要が続かないケースもあります。こういったものも在庫リスクとなるので、買取業者からは嫌われる傾向があります。

最新モデルでなくても、根強く人気があるアイテムを売りに出すのがいいでしょう。少し前のモデルでも、最新のものよりも高額になることも期待できます。

少しでも高く売るには

多くのシーンで利用できるアイテムを多数展開しているフェンディだけに、その中古市場もたくさんの買手がつきやすくなっています。

中間在庫をもつリスクが低いということもあって、買取業者も積極的にフェンディ商品は扱うようになっています。

手元にフェンディのもので使用しなくなったものがあれば、まずは査定に出してみるのがいいでしょう。複数の業者に査定を出せば、中には想像以上の金額で査定額がつくこともあります。

以下にフェンディ(FENDI)を積極的に買い取りしてくれる業者をご紹介しています。
いずれも利用料は一切かかりませんので、査定に出す際の参考にしてみて下さいね。

ブランディア
取り扱いブランドは6000以上と豊富で、ハイブランドからプチプラまで対象が幅広い!
送料や査定料・キャンセル料などは一切かからず、無料で利用できます。

⇒ ブランディア査定キャンペーンはこちら

フクウロ
取り扱いブランドは1万点以上、オールシーズンOK!
アニエスベーはキャンペーン対象ブランド!通常よりも買い取り額を20%UPしてもらえます。

⇒ フクウロの無料査定はこちら

BLOWZ(ブロウズ)
新規買い取り申し込みで査定額20%UP!
メンズ・レディース衣類の取り扱いあり。
ブランド古着以外に、ハイブランドのバッグや財布・時計も可。
宅配なら全国対応、愛知県・東京23区なら出張査定もOKです。

⇒ ブロウズ査定キャンペーンはこちら

ブランディア
取り扱いブランドは6000以上と豊富で、ハイブランドからプチプラまで対象が幅広い!
送料や査定料・キャンセル料などは一切かからず、無料で利用できます。

⇒ ブランディア査定キャンペーンはこちら

フクウロ
取り扱いブランドは1万点以上、オールシーズンOK!
キャンペーン対象ブランドなら通常よりも買い取り額をUPしてもらえます。
まとめて大量に送るほど金額アップの可能性もあり。

⇒ フクウロの無料査定はこちら

BLOWZ(ブロウズ)
新規買い取り申し込みで査定額20%UP!
メンズ・レディース衣類の取り扱いあり。
ブランド古着以外に、ハイブランドのバッグや財布・時計も可。
宅配なら全国対応、愛知県・東京23区なら出張査定もOKです。

⇒ ブロウズ査定キャンペーンはこちら


古着コム
ブランド品やブランド古着5点以上、同時に査定に出す場合はノーブランドの買取もOK!
服や靴、バッグ、財布、時計、香水、化粧品、アクセサリーなど、買取ジャンルが幅広い!子供服もOKです。

⇒ 古着コム査定キャンペーンはこちら


ブランドゥール
ブランド品の他に、洋服の買取強化中。
最低でも1円査定。どんな品物でも必ず値段を付けてもらえます。
渋谷に実店舗あり。店頭での査定もOK!

⇒ ブランドゥール査定キャンペーンはこちら

みんなの口コミ体験談


フェンディのモノグラムトートだけをブランドゥールに買い取ってもらいましたが、1点だけでも申し込めるのは私にとってありがたい限りです。
モノグラムトートだけでは寂しいと思って、バッグチャームも一緒に送ってみました。バッグチャームは12万円のもの、バッグ自体は11万円のものでした。
ブランドゥールは査定結果を個別に提示してくれるので、たくさん売ったとしてもどれがどのくらいの値段になったかの確認や、売るか売らないかの選択ができるので便利ですね。
結局、バッグは4万円、チャームは8万円になりました。チャームのほうが高くなるのはちょっと驚きでしたが、高く売れたので別にかまいません。

フェンディのトートバッグとカーフレザーのショルダーバッグをZOZOTOWNに売ってみました。ZOZOTOWNはリユースバッグがあり、服などを売るときはこれを利用していますが、今回はバッグなので、箱を頼みました。ヤマトさんが家に来て、そのまま着払いで持って行ってくれるので負担もなく便利だと思います。
カーフレザーのほうは、22万円のものですので、慎重に取り扱ってほしいとお願いしておきました。
査定の値段が知らされたのは1週間後くらいでした。トートバッグの方は三万円、レザーの方は10万円でした。きちんと価値をわかって査定してくれているのだと感じました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿