服 買取 宅配

ブランド古着の買取とおすすめ

menu

着物の買取はどこがいい?おすすめの査定店の口コミ

最近は着物を着る機会がめっきり減り、親から受け継いだ代々の留め袖や訪問着も、正直言って邪魔なだけという方も少なくないでしょう。
しかも、洋服と違って、和服は管理が大変で、保管にも場所をとってしまいます。

本音を言えば処分したいのだけど、さすがご先祖様に対して気が引けるものもあるし、何よりどんなに高級な物であっても、どこで売ればいいのか?金額はいくらになるのか?が分からず、タンスの奥に眠ったままとなっているケースも多いようです。

総合リサイクルショップで売るのはNG

実際のところ、多くのリサイクルショップではブランドの有無に関わらず、和装全般の買取を不可としているところがほとんどです。
そのため、どうにかしたいけれど、なかなか思い切って片付けられないという方も多いのではないでしょうか。

洋服ほど多くはありませんが、和装(着物)の買取ができるリサイクルショップもいくつかあります。
ただ、非常に査定基準が難しいものだけに、適切な査定が行われていないというリスクもあり、取り扱いしていればどこでもOKというわけではありません。

やはり着物を売るなら、専門店に査定依頼するのが一番です。そして、少しでも高く売りたいなら、着物に関する最低限の知識だけは事前に身につけておいた方がいいでしょう。

生地や織り方など評価ポイント

デザインや素材、作りなど、着物を評価するポイントはいくつかあります。
着物の生地には「正絹・麻・木綿・化繊・ウール」の5種類があり、高値で買取してもらえるのは絹100%で作られた正絹の製品です。逆に化繊やウールで作られた着物は、なかなかいい値段をつけてもらえません。ポリエステル製品は普段使いとして耐久性が高く人気がありますが、着物としての価値は低く、査定に出した場合も思ったような金額にはならないのが一般的です。

また「織り・染め」の2種類の生地や「平織り・しゅす織り・綾織り」など織り方にも種類があり、素人では見抜けない評価ポイントもあります。

そして、振り袖や打掛などの礼装よりも訪問着の方が査定額が高くなるようで、サイズも小さいものより大きい方が、仕立て直しできることから高く引き取ってもらえます。

あとは保管状態です。シミや破れがあってもOK!と記載されているお店もありますが、やはり綺麗で状態がいいに越したことはありません。洋服と同じように流行りもありますから、あまりに古いものよりは年代が新しい方が高額になるのは当然のことですね。

タンスに眠ったままの状態でも色褪せたりシミができたりもします。年月が長ければ長いほど劣化してしまうので、もう着る機会がないと判断した着物はできるだけ早めに売るのがベストです。洋服のように早いサイクルではありませんが、和装にも流行りの柄があるので、最低でも10年以内には手離した方がいいでしょう。

価格の相場を知る

まずは売りたい着物がどんな製品なのかを知り、あとは金額の相場をあらかじめ調べておけば、買取店で値段を提示してもらった時に「ここのお店は高く買ってくれるから売ろう」とか「もう少し高いお店を探してみよう」など、的確に判断できるでしょう。

生地の種類や織り方など、専門的なことは自分で判断できないという方は、面倒でも近くの和装店に持ち込んで、どんな製品なのか聞いてみるのも一つの方法かもしれません。

買取方法としては、持ち込み・出張・宅配があって、最近では宅配サービスを利用される方も多いです。全国どこからでも送料無料で査定依頼できることから需要が高まっているようですね。

持ち込みや出張になると、査定スタッフと対面になり、なんとなく勢いで売ってしまうパターンも多いものです。その点、宅配サービスならじっくり検討した上で結論を出せるので、特に高価な着物の査定においてはおすすめです。

そして、何でも取り扱っている総合リサイクルショップではなく、和装を専門に扱っているお店を選ぶのが高く売るコツです。

買取プレミアム
査定額20%UPのキャンペーン実施中!
全国どこでも最速30分以内に出張対応も可能です。

⇒ 買取プレミアムの詳細はこちら

福ちゃん
古くて状態が悪い着物にも値段をつけてもらえます。
初めての方限定の価格UPキャンペーンあり!

⇒ 福ちゃんの詳細はこちら

ヤマトク
年間の買取実績が1万件以上もある老舗店です。
専門の査定士が1点ずつ丁寧に鑑定!

⇒ ヤマトクの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿